FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.11 (Sun)

灯穂奇譚



遠き日に繋がる、夏の空。
灯火は誘う――現と幻の、裂け目へと。

【灯穂奇譚 -TosuiKitan-】
ブランド:水鏡(同人)
発売日: 2005/04/29
価格:約\3,000

【More・・・】


転居から10年の時を経て、生まれ育った山村へと足を踏み入れた
主人公・永井桐人(きりと)。
その目的は、村に遺してきた生家を、完全に引き払うためであった。
 成長を遂げた、幼なじみの加茂カナタとの邂逅と、
久しぶりに四肢に染み渡る田舎での生活は、
都会での生活に疲れた桐人の心に、潤いに似た安堵感を与えていた。

 しかし。
 夜、偶然見かけた二匹の蛍。何気なく、その飛び行く先を追いかけているうちに、
桐人は村で奉られている神社へと導かれる。
 そこで感じたのは、幼少の頃には微塵も感じることが無かった、深い闇。

 その日から、見慣れた田舎の風景は一変した。桐人の心を徐々に蝕む、
深遠から染み出す空気。彼の心は徐々に虚妄に支配され、
自分自身を維持するための葛藤の時間を必要としていくことになる。
 そんな中――誰もいないはずの神社で出合った、一人の少女。
その瞬間、桐人の見知った世界に大きな亀裂が走り――
彼は、村に埋もれていた禁忌へと呑まれていく。

 村に残る、謎の風習。
 「夜に大声を出してはいけない」
 「夜に人と争ってはいけない」
 「月の無い夜に、女性は人前に姿を見せてはいけない」
 全て、同じ苗字の村民。
 神社の奥に奉られているという“祠さま”。
 夏の日差しの裏側にある、月光さえも届かぬ世界。
 その目に映る幾多の灯火は、何を導き、何を語りかけるのか――。


まずこのゲーム。

怖えぇーーっwww

↓神社に何か謎がある
↓携帯で知り合いに電話したいが電波状況が悪い
↓良い場所を探しているうちに神社に通じる階段の前に
↓電話が通じ、情報を得るも電波が悪くなり切れる
↓電波状態がもっとよさそうな神社に登る
↓向こうから電話がかかってくる
↓雑音でよく聞こえないな…
↓ん?何だこの音?…なんか近づいてくるような





アレを見たときは速攻でヘッドホンを外して後ろを見ました
しかも一瞬だけ、っていうのが更に恐怖させてくれる
プレイしてて場所切り替わりの際に画面黒くなるよな?
その時にディスプレイに反射して自分の後ろ見えるよな?
もうそれが怖いw
穂田が電話に出るシーンはホラー注意です

―もし。
             もし。キリト様。

       …キリト様?


それでも、なかなかレベルの高いゲームではあると思います
同人製作でありながらシナリオ、立ち絵、CG、音楽において企業並
いや、企業でもこれくらいのものを作るのは難しいと思います
というか同人だからこそ作れたのか
それから製作スタッフ、声優からして「H2O」の前身となった作品のようです
ちなみにエンディングは3通りありますが√は1つです

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

13:18  |  Game  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://astralmemories.blog120.fc2.com/tb.php/103-48f9540c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。